たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ!to2017

女一人、運動オンチのたまゆりが、人生を変えたくてスペインのカミーノ・デ・サンティアゴ巡礼道800kmを歩きました。たくさんのものをくれた大好きなカミーノへの愛と、2017年夏にテントを持って北の道を目指すための準備の日々を記します!


巡礼の旅がくれた一番の贈り物!私がこの世界のことを大好きになるまでの話。

みなさんこんにちは、たまゆりです!

 

f:id:tamayuri0123:20160718032018j:plain

晴れのような曇りのような、不思議なお天気で蒸し暑い日々が続いていますね。

 

こんな時は、スペインで毎日のように昼間から飲んでいたビールが懐かしくって仕方ない!

f:id:tamayuri0123:20160718032116j:plain

うーん、この顔(笑)

 

 

さて、わたしの近況はといえば、今月の初めに帰国してからすぐに兄とともに東京へ発ち、サンティアゴ巡礼の準備をしていた時にお世話になった方や、サンティアゴ巡礼道上でお世話になった方、それから、ゲストハウスの準備のために協力やアドバイスをくださるいろんな方に毎日たくさんお会いするという、とても充実した2週間余りの日々を過ごしていました。

 

本当にたまゆりは幸せもんです

f:id:tamayuri0123:20160718032428j:plain

私が東京に滞在していた間、時間を作って会ってくださったみなさま、代々木公園でのカミーノ同窓会で会いに来てくださったみなさま、また、今回はお時間が合わなくて会えなかったみなさまも、本当にありがとうございました。

(なんかこのひとビールばっかり飲んでない?と思った方、断じて気のせいです!!!!)

 

何度もこのブログにも書いている気がするのですが、こんなにたくさんの方に会って頂けたり、ほんとに嬉しいことに「会いたいです」と言ってくださる方がいらしたり、私にとって考えられないくらい幸せなことです。

できれば、そう言ってくださる方みなさんと一人ずつお会いしてゆっくり、じっくり、お話したい!そう思いました。

 

f:id:tamayuri0123:20160718032611j:plain

相変わらず、たまに疲れて動けなくなっちゃったり、思う通りにいかなくて自分の力不足に落ち込んだり、前に進めなくて立ち止まることももちろんいっぱいあるんだけれど。

それすらもひっくるめて、本当に私はいつだって今の私がとても好きだし、そう思わせてくださるいろんな方が周りにいてくれることを、そんな世界が身の回りにあることを、本当になによりも幸せに感じています。

 

 

巡礼の旅がくれた一番大きな贈り物

そう、サンティアゴ巡礼の旅が私にくれた一番大きな贈り物は「世界が美しいんだ」って気がついたことだ。

と、今日、久しぶりの恋しい犬山の我が家でシャワーを浴びながら、改めて思いました。

f:id:tamayuri0123:20160718032651j:plain

 

サンティアゴ巡礼に行く」と決める前までの私にとっては、この世界は、とてもつまらなくて、息苦しくて、灰色で、寒々しくて、欲や消費でどうにか日々をごまかすだけの毎日のどこにもなじめる場所がなくて、そんな世界になぜ自分が生きているのかがぜんぜんわからなかった。死んだほうがましじゃないか、って本気で思っていました。今の私からは、考えられないことだけれど。

 

 

絶望の底にいた時のじぶん

一番悩んでいた時には、こんなツイートをしていました。ちょうど、今回サンティアゴ巡礼道を歩いた一年前です。

f:id:tamayuri0123:20160718032822j:plain

たまゆり@tamaoyurika
ただ労働のために生きてるんじゃないって、人間としてごくごく当たり前のことなのにね。そんなことすら口にするのが憚られるような社会は非人間的で息苦しくって、なんも楽しくなくて、あるのは楽しさと錯覚させた消費活動だけ。それを変えられないならいっそ死んでしまった方が楽かもしれない、と思って当然だ

posted at 04:10:24 2015年05月31日

たまゆり@tamaoyurika
本当はみんな気づいてるんじゃん。消費を促しカネを得るために欲望を煽られてはそれを消費によって満たして、際限ない。社会の歯車として働く自分も欲望を煽っている一員だし。被害者であり加害者。若い子達はみんな、うすうす気付いてるんじゃない。だからこんな虚無感、閉塞感。

posted at 04:18:41 2015年05月31日

たまゆり@tamaoyurika
そらこんな社会じゃ自殺も増えるわな。だからって今更選挙の投票なんか行ってみたところで変えられるとも思わないし、変えてみる気力すら削がれている。もうみんな諦めモード。諦めて死ぬか、大人しく社会の歯車として生きるか、日本の社会のシステムとは関係ない所に逃げちゃうかしかないじゃん

posted at 04:23:48 2015年05月31日

 キャラ違う!!たまゆり今とキャラ全然違う!!!笑

ほんと、別人みたいですね。読み返して、今まさに自分でもびっくりしてます。笑

 

 

暗闇の底で見つけた突拍子もない夢

そんな絶望と、どうしていいかわからない苦しみの底で私がある日見つけたのが「サンティアゴ巡礼に行く」という、突拍子もない夢でした。

そして、突拍子もなかったその夢を、半信半疑ながらも少しずつ追いかけ始めた時から、私は少しずつ変わっていきました。

f:id:tamayuri0123:20160718033014p:plain

 

 

くわしいことは、こちらの記事で書いた、山川亜希子さんへのメールにも記しています。

 

そして以下は「サンティアゴ巡礼に行こう」と決めてすぐ辺りに書いていた、私の日記。

 

以前の私は、とにかく自分が嫌で嫌でしかたがなかった。

こんな世界間違ってる、と思う自分。だけどその世界に恨み言を吐くだけで、それを変える力も術も気力も持たない自分。

何かを変えることなんてできない。自分はカゴんなかで一生飼い殺されるしかないんだ。

そんな風にしか考えられなくて、絶望していました。

 

そんなに息苦しい窒息しそうな世界なら、いっそ死んでしまった方が楽じゃない?って思ってた。

そして周りを見ても他のみんなは息苦しくもなんともないようにカゴの中で笑って日々を過ごしている。おかしいのは私だ。

カゴの暮らしに適応できない自分ははぐれ者なんだ。

カゴの外にも出られない。カゴの中にもなじめない。

宙ぶらりんで、何ものにもなれない自分が嫌いで、本当に消えたかった。

 

今は違う。なぜ?

 

それは、見えたから。見つかったから。カゴの外にいる人たちが。

それは自分には手の届かないスクリーンの向こうの夢物語や幻想なんかじゃなくて、自分もそうなれるって手本なんだと気がつきました。

 

今まで、そのカゴの外に出るには「学歴」や「才能」という、特別な資格が必要だと思っていたのです。

けれど、気がつきました。

本当は、望めば、カゴなんてぶちやぶって飛んでいってしまえるんだと。

いまのわたしは分かっています。

過去の自分も周りも関係なくて、飛び出すのは今の自分の力だけ。

それだけあれば飛び出せるって、やっと気づいたのです。

 

だから絶望しません。世界は変えられなくても、わたしは変われる。飛び出せる。

というより逆ね。わたしが変わるから、見える世界が変わる。

 

どこへでも行けるんだってわかったから、だから今のわたしは、カゴをぶちやぶって、そこから出ていくために準備をしている。そうでしょう?

 

- 2016年1月21日の日記より

 

 

変わるのは世界じゃなくて自分なんだ

過去の私が書いていた、この言葉。もういちど引用します。

世界は変えられなくても、わたしは変われる。飛び出せる。

というより逆ね。わたしが変わるから、見える世界が変わる。

 

そう、まさにその通りなんだ、って、夢を叶えてサンティアゴ巡礼から戻ってきた今、もう一度、さらに深く深く同じことを感じています。

 

f:id:tamayuri0123:20160718033335j:plain

一年前の世界と、今の世界。 きっと、何かが大きく変わったわけではないのかもしれない。

けれど私にとっては、灰色だった世界が、まるで別のものに思えるくらいに、とても美しくきらきらして光って見えるようになった。

 

 

幸せを感じるアンテナをみがくこと

きっと今も一年前も、世界は変わらずにずっと美しかった。だけど、その美しさをとらえられるやわらかなアンテナを、それを見つけることができるクリアな瞳を、あのときの私は失っていたのだなぁと思うのです。

 

そのアンテナは、瞳は、自分の心の声をひとつずつ聞いて、その夢をひとつずつ追いかけることでみがいていくことができる。

f:id:tamayuri0123:20160522042840j:plain

 

コンパスは自分のこころ。例えば誰かの意思や思惑じゃなく、例えば社会のルールや常識じゃなく、自分のこころ。直感、第六感、とも言い換えられるもの。


どんなに突拍子もなく実現できそうに思えなくたって、自分の心がやりたい、と言ったことをやってみること。行きたい、といった場所へ行くこと。あるいは読みたいと思った本を読むこと。音楽を聴くこと、映画を観ること…。


「やりたいと思ったことはやる」「自分のこころを何よりも一番に信じる」その行動のひとつひとつの小さい積み重ねが、大好きな人たちに出会って、今を大好きだと思える今の自分につながっている。

 

【巡礼23日目】似た魂に出会うための旅。私は私の心のかたちを発信し続ける より引用

 

 

今のじぶんを誇りに思う

そう、そんなひとつひとつの積み重ねが出会わせてくれた人たちと、その出会いによって作られてきた今の私を、私は本当に誇りだと、幸せものだと思っています。

 

f:id:tamayuri0123:20160718034641p:plain

そして、この幸せな気持ちを、みなさんからいただいたたっくさんのものを、少しでもこの世界に、誰かにお返しできるような行動を、言葉を、毎日せいいっぱいかたちにしていきたいなと思うのです。

まだまだ、未熟でうまくいかないこともあるけど。でも私はそう在ることに挑戦し続けながら生きていきたい。

ほんとうにみなさんが大好きです。この世界のことが大好きです。 

 

 

なんだか、記事を書くと毎回この結論になっちゃう!!!いっつも同じことしか書いてない気がするぞわたし!!!笑

こんなんですが、このブログを読んでくださる方がいること、好きだといってくださる方がいること、本当に嬉しく思います。

 

ありがとう!!!!

 

 

うん。まとまった?まとまってない?これ?笑

それでは、おやすみなさい。まだ時差ぼけが治りません!みなさま良い夢を。

たまゆりでしたー!!

 

 

P.S.

近いうちに、この「たまゆりサンティアゴ巡礼ブログ」を、はてなブログさんからライブドアブログさんに移転し、「わが愛しの故郷犬山!ゲストハウス完成までの道(仮)ブログ」と分離・並行して管理していこうと考えています。

まだ詳しいことは決まっていませんが、移転先の準備ができましたらまたお伝えしますね。

 

 

サンティアゴ巡礼中にリアルタイムで更新していた、ピチピチフレッシュな、熱くてしょっぱくて甘酸っぱくていっしょうけんめいな日記はこちらからどうぞ。

 

はじめまして!のお客さま、私、たまゆりの自己紹介はこちらからどうぞ。


 

ブログランキングに参加しております。

もしも記事や写真・ブログを気に入っていただけましたら、ぽちりとクリックをいただけますと、励みになります。

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村


徒歩の旅 ブログランキングへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...